読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日のこと(病気表現注意!)

 昨日の夕方は、妹の入院先の大学病院のDr.との「インフォームド・コンセント

のために出掛けてきました。

肝臓の腫瘍部分への「カテーテル手術」に関する「納得説明・そして同意」です。

癌の間近に「抗がん剤」を注入し、進行を抑える目的があります。

しかし、学術的なものを見ても「効く癌」「効かない癌」そして「効く人」と

効かない人」がいる・・んだそうです。

 

 今までの数ヶ月の間、「放射線照射」、「一回目のカテーテル手術」、そして

抗がん剤」の処方がなされてきました。 しかし、昨日のDr.の所見に依ると・・

CT画像を一緒に見せてもらいながらでしたが、素人目にも分かりやすい画像でして

「今までの治療の大きな成果が得られず、癌が更に広がり活性化している」・・という

 残念な説明でした。

なので、二回目の薬剤注入も効果が無ければ他に治療方法は今のところ「無い」。

そういう結論でした。 私から望んだことでしたが、意思の口から現状の正確な告知

をして頂きました。 

偶然、今日(24日)が5年前に亡くなった父の命日。

それを知っている妹にしては、何か不吉な思いがあったようですが、そんなこと一切

気にしない私なので「とにかく現実を受け止めよう!」と励ましました。

 

 患部を切り取る事が出来ない部位、そしてステージ段階、しかも薬が効かないので

生存率が少ない状態であることには間違いありません。でも、そういう情況からでも

数年も生きている人もいるのでまだまだ分かりません。  とはいえ・・・

 

 家庭での最終的な「看取り」までは、介護保険を有効に使って「緩和ケア」に関して

も具体的に考える備えが居要る段階になりました。 本人にも「逢いたい人、行きたい

場所、しておきたいこと・・』を促しています。 そして何よりも【覚悟!】を決めて

置くことも・・・。

 

 母親の介護はだいぶパターン化出来るようになり「半月のショートステイ」、週三日

の「デイケア」にも母は慣れてきて「行きたがって💕」くれるので大助かりです。

それ以外の日々だけ様々な介護が必要です。

「三度のご飯の支度」「おむつ交換」「着衣の脱着」「汚れ物の始末や洗濯」・・・

妻の協力が一番の支えですが、介護職に携わる私ですので苦なく出来ている自分に

ビックリです😊

 

「主夫?」頑張ってます(^^)/    

                           フリー素材を使わせて頂きました。

f:id:masatdm1951:20161225113208p:plain

 

 妻は本日、今までの疲れがたまったのか、吐き気や下痢のために寝ています。

ノロでは無さそうです。

 

「いつもありがとう😊 今日はオレにまかせなさーい! 👊 」

 

 病気の家族を持つ大勢の方々の「不安な思い」や「肩に乗る数々の課題の重さ」を

少し分かりました。 そんな中で頑張っている方々を本当に尊敬します。