久しぶりの「自転車散歩? 」

 夜勤明けの身体はどうも「ダルい? 」。

職場から30km近くも離れている自宅に帰るまでには、天気の様子も随分変化して

いました(^^)v

まるで【低気圧の尻尾?】って思えるほどにクッキリとした天気の境目です

?

f:id:masatdm1951:20161214093709j:plain

 

家に帰ると空腹もMax!!

焼肉丼を自分で作り・・・何か足りなくて・・日本そばを茹でて天ぷら?を付けて

これまた平らげて? やっと落ち着いたところで久しぶりに自転車で散歩しました。

 

 すっかり冬木立の林になりました。

吹く風も冷たく、ハイネックのシャツにトレーナーだけでは少し寒かったです??

でもとっても気持ちが良いです?

f:id:masatdm1951:20161214165044j:plain

 

低気圧がすっかり抜けてくれて、カラス君も何か「ご飯」を咥えて棲家の方へと

鼻歌?でも歌うかのように飛んで行きましたよ?

f:id:masatdm1951:20161214165047j:plain

 

「わ〜〜〜〜〜い!\(^o^)/ ここにも【星の瞳】み〜つけたぁ?」

f:id:masatdm1951:20161214165052j:plain

 

「やや!! オニギリ? が浮かんでるぞ−!」

私が握るオニギリみたいに、三角に成りきれてないぞ?

f:id:masatdm1951:20161214165058j:plain

 

この地図の等高線のような模様の枯れ木は一体、何の木だったのかなぁ?

なぜ切り倒されちゃったのだろう?

f:id:masatdm1951:20161214165103j:plain

 

もうすっかり根の奥まで枯れているのでしょう。

こうやって、ずーっと! 昔を偲んでいるようにも見えます。

無念な気持ちが表れているようにも?

f:id:masatdm1951:20161214165108j:plain

 

すっかり季節に取り残された「イガ栗?」。

中身まで落ちない物は初めて見ました!(^^)v

俳句の季語などで、このような季節外れの栗を表現した「語句」って無いのかな?

 

これからの入試の際に【イガい(意外)に落ちずに、栗?やー(クリヤー)!】

なーんて幸先の良い景色になったりして(^_-)-☆

それにしても今日に至るまで、すごい強風の日が何日も有ったのに、こうして強力に

枝についている姿は立派です!?

f:id:masatdm1951:20161214165123j:plain

 

川の近くに来ました!

シラサギが横目で私の動きを警戒して「キョロキョロ」しています?

なるべくゆっくりと移動し、写したらすぐに身を低くして驚かさないように・・・。

f:id:masatdm1951:20161214165145j:plain

 

最近、この川の岸辺に立派な遊歩道が作られ、ベンチまで設置してくれました。

この場所を一気に自転車で通り抜けるのは勿体ないので、歩いて移動していました。

そうしたら・・

美しい青い羽の「カワセミ」が私のすぐ前を、地表から僅かな高さで横切って飛んで

行きました! しかも2羽!!!?

西日に照らされた羽は、本当に澄んだ水色でした!

f:id:masatdm1951:20161214165207j:plain

時間とともに気温がどんどんと下がっていくのを、肌で感じます? (寒っ!)

少し力を入れて走ります? そうしないと身体が冷え切りそうです?

急坂を必死で漕いだら、もうそれだけで体がポカポカです?

 

 

家に着いて意外なことにビックリ!

妹が買ってきたミニバラを植えておいたようですが・・・

よく見ると「紫色」のバラなのです!(^^)v

f:id:masatdm1951:20161214165227j:plain

 

赤いバラも同時に咲き始めています??

ミニバラはなかなか毎年咲かせるのが難しく、大抵は途中で枯れさせてしまうのです?

雨や霜の心配の無い、玄関先の屋根の下で咲いています?

f:id:masatdm1951:20161214165241j:plain

 

もう少ししたら・・

こんなに頻繁に出かけられなくなるかも・・

いや? きっと少しの時間を見つけてでも、外の空気に触れたい私ですから外の写真が

途切れることはないでしょう(^_-)-☆

 

介護、看護・・・

「そっか!今までの知識や技術をそのまま家族にも使えばいいんじゃん!?? 」