「進化?」「創造?」

◆「独り言」なので、反論はご遠慮ください◆ ねっ(^_-)-☆ 

 

こんな『能天気?』の私が、世界でベストセラーと言われる聖書を読んでいて・・

一番ビックリ!そして「なるほど〜! ??」って思った箇所がこの一文です。

 

次いで神は言われた,「地は草を,種を結ぶ草木を,種が中にある果実をその種類にしたがって産する果実の木を,地の上に生え出させるように」。するとそのようになった。 創世記 1章11節

 

 そうなんです!

当たり前のように見ている無数の植物たち。

大好きな植物たちは最初から『種類』によって個別に造られた!????

という考えが、今から数千年も前に聖書の【創世記(あの有名なモーセが筆者】に

明確に記録されていたことが衝撃!⚡!でした\(^o^)/

 

f:id:masatdm1951:20150916114008j:plain

 

 子供の頃に学校で「すべての生物は長い長い時間を掛けて進化してきた!」と教え

られても・・・なんか変???って思ってきたんです。

劣ったものは排除され、優れたものが自然に残るようになって・・・】という素朴な

教えが私にはどうも「引っ掛かって?」たんですよねぇ。

 

 子供は純粋だから、目に映る植物たちを見る時に「あれはこれよりも優れている」、

「これはあれよりも劣っている」って見ちゃいますよねぇ?

 成長して物心が付き始め・・「オレは皆より頭が悪いからやっぱり劣ってる_| ̄|○

 仕事をするようになったら増々「オレは皆より仕事が出来ない_| ̄|○?」・・・と、

今度は身をもって「優劣の世界」を知ってからは、難しい理論じゃなくても感情的

【進化論】を憎むようになたんですよねぇ。

 

 先の聖書の言葉は・・・

「優」「劣」ではなく、単に「種類」が違う!

この考えを見て「そうだよね~!?」って、膝を叩きました!?

 

 そして、もう一つ驚いたのは・・確かに野山やもっと身近な庭の草木でさえ、一緒に

地面に生えているのに、みんな「混ぜこぜ」になってしまう事無く、?はチューリップ

だけと受粉し、?は向日葵同士じゃないと受粉しない!という事実!?

幾ら人工的に受粉させようとしても【種類】を越えられない!

 

 実は創世記の第一章を読むと、植物のことだけでなく動物、海の中の生き物たち、鳥

たちだって【種類】を越えては繁殖出来ないという事実が載っています。

(確かにイヌ? とネコ? が混ざった生き物って出来ないですもんね(^_-)-☆)

 

◎「みんな違っていて当たり前(^^)v」

◎「優とか劣とかは、真実の姿ではなくて「人」が勝手に決めたもの」

◎進化論は「物、者、もの」を見る時に「優しい気持ち」が浮かんでこない。

 特に「人」に対して差別(優越感、劣等感ともに)的な見かたをしてしまう。

 「無数の生き物たち」に支えられているからこそ、生きていられる私達。

 私達の腹の中の微生物を「劣った生き物たち」って思う人は居ない。

 だって彼らが居るからこそ! 食べたものが血や肉になり、病気にもならずに

 生きているから(^^)v  そう! み〜んな【種類】が違って、【役目】も違って

 造られているからこそ【感謝】も生まれてくるのです。

 

 だから私は・・・それぞれが目的を持って「造られた!」という

考えが好きです?

 

(若き日のカーヤ(左)と、シド(右)君。兄弟ネコでした。

 性格は全然違う? そう!【違う】だけ?)

f:id:masatdm1951:20040607153751j:plain