今日も花に逢いたくて? (Photo 多)

 今日も曇天+小雨模様_| ̄|○  もう、本当に飽きましたねぇ?

晴天を待っていては何も出来ませんので、カメラを肩に出掛けました。

さぁ、今日はどんな花に会えるのでしょうか〜??

 

クレオメ(夏の線香花火の様な雰囲気が好き?)

f:id:masatdm1951:20161001183951j:plain

f:id:masatdm1951:20161001184029j:plain

 

サンザシの実

(ミニリンゴみたい?  血の巡りを良くする事で知られています。)

f:id:masatdm1951:20161001184249j:plain

 

シモバシラ(真っ白な小さい花が集まっていました。)

f:id:masatdm1951:20161001184457j:plain

 

イヌサフラン

(春先に行者ニンニクの葉と間違えて、中毒を起こすことがある。)

f:id:masatdm1951:20161001184544j:plain

 

シオン(とても背が高い薄紫の花が素敵です。 ツマグロヒョウモンが一休み?)

f:id:masatdm1951:20161001184830j:plain

 

 

カラタチの実から来た・・・カラタチと呼ばれた様です? )

f:id:masatdm1951:20161001185014j:plain

 

 

フジバカマ(秋を代表する風情のある花です。)

f:id:masatdm1951:20161001185349j:plain

近くから見ると・・

f:id:masatdm1951:20161001185458j:plain

 

 

クルクマ(如何にも洋花って感じ? 白もありました。)

f:id:masatdm1951:20161001185525j:plain

 

 

秋の名残のバラにしては余りにも美しい! (美魔女みたい???)

f:id:masatdm1951:20161001185641j:plain

 

個人的には・・こっちの薔薇が好みかなぁ??

f:id:masatdm1951:20161001185648j:plain

 

センニチコウ(ピンク、白と混植されていて綺麗でした。)

f:id:masatdm1951:20161001185831j:plain

 

今が盛りのペンタス

実物は初めて見ましたよ(^_-)-☆

f:id:masatdm1951:20161001185844j:plain

 

咲き始めた

さっそく花に潜り込んでいるお客さんがいました?

f:id:masatdm1951:20161001185924j:plain

 

そして・・この花は?? 

野良のドラニャンコ?が顔を洗っておりました?  貫禄あり過ぎ〜〜?

f:id:masatdm1951:20161001185935j:plain

 

名前は何度も聞いていたけど、実物は初めてのご対面!

スズメウリです。 可愛い可愛いちっちゃなボールみたいですね(^_-)-☆

ハーリーちゃんの隣に置いたらピッタリコン!

f:id:masatdm1951:20161001185955j:plain

 

そしてこれは初めて知った蔓性の花。アサリナです。

和名はツタバキリカズラ(蔦葉桐葛)。 なるほど桐の花に似ています。

f:id:masatdm1951:20161001190017j:plain

 

ひっそりと咲くギンモクセイ

隣に匂いの強い金木犀があるために、この花の匂いを嗅ぐことが出来ませんでした。

静かな雰囲気がいいですねぇ?

f:id:masatdm1951:20161001190048j:plain

 

ハナミズキの実が、真っ赤にツヤツヤした状態で枝を飾っていました。

そこに見慣れない丸い虫が? !!

じっくり調べてみたら・・・

この虫の正体は・・アカスジキンカメムシの幼虫との事。

少しづつ形を変えてゆく虫なので、この状態は【5令幼虫】なのだそうです。

私には背中の模様が『髪の毛をダンゴにしてまとめた、大笑いのオバチャン』にしか

見えないんですけど〜!?(笑)

f:id:masatdm1951:20161001190059j:plain

 

そしてこれはベンガルヤハズカズラ

植えたいなぁ?

f:id:masatdm1951:20161001190119j:plain

 

帰り際、そばの畑に出会えました。

真っ白に咲き始めた畑は、空気が他の場所よりもスッキリしている感じがします。

f:id:masatdm1951:20161001190129j:plain

 

蕎麦の花もスッキリした素朴な花ですねぇ。

f:id:masatdm1951:20161001190208j:plain

 

 季節の移ろいは本当に早くて、彼岸花も萎れた花が増え、この公園の彼岸花は花摘み

が為され、軸だけが残されていました。

 公園広場のイチョウは銀杏(ギンナン)をたくさん落とし、拾う人も無く一面に

広がっていました。

f:id:masatdm1951:20161001221642j:plain

 

 少し前の時代なら競争して拾ったはずのギンナン

かくいう私も匂いや後処理の面倒さから、一個も拾う気持ちにはなりませんでした?

 

 「あぁ・・私は今日も生きている!(^^)v」 たくさんの自然から力を頂いて(^^)v