読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道端の、ほんの片隅に

 今日も妹を病院へと送り、待っている間に近くの小道に車を停めて・・

 

何気ない道端の草の群れに目をやると・・・たくさんの茅やヨモギに混ざって

素敵な野草に出逢えました😃

 

ツルボ

f:id:masatdm1951:20160910074147j:plain

f:id:masatdm1951:20160910074230j:plain

 

 万葉集の時代から有ったと言われています。

なのに一句といえども、具体的にこの花の名が詠われていないとか。

この花が咲く時期は、インパクトの有る彼岸花が咲く少し前。

ご覧のようにとっても愛らしくて、高貴な紫色、そしてこじんまりとした佇まい。

でも、彼岸花の「前座」を務める「準主役」みたいな存在なのです。

 

『だから・・私はこの花がこの上なく好き😊

 

 

 静かに移動して、草むらを『眼で掻き分けて』行くと・・・

どこからとも無く「ツマグロヒョウモン」がアザミにとまってくれました😊

f:id:masatdm1951:20160910080021j:plain

f:id:masatdm1951:20160910080058j:plain

 

アザミが「くすぐったい!😜」って言ってそうな「小首曲げ〜🎵」

f:id:masatdm1951:20160910080357j:plain

f:id:masatdm1951:20160910080449j:plain

 この時期本当にたくさん出会える蝶です。

意外と「懐っこくて?」近くへ寄っても過敏な逃避はしません😊

蜜を吸う姿を間近で見られます。

 

 ボロギク

に赤とんぼがとまっていました。

気付いてからず〜っと20分位、そのままの姿でした。 綺麗な

f:id:masatdm1951:20160910080329j:plain

 

 小さな『ショウリョウバッタ;精霊蝗虫』

盂蘭盆:精霊まつり」の時期によく見かけるために付いた名前だそうですね。

私子供の頃に、このバッタを『キチキチバッタ』って呼んでいました。

飛ぶ時に翅が文字通り「キチ!キチ!・・」と音を立てることから付いたようです。

背筋がピーンとしていてスッキリ💕のバッタ。(背中ナデナデしたい〜😊)

f:id:masatdm1951:20160910080511j:plain

 

 こじんまりした愛らしい色のイヌタデ

甘いお菓子に見えてきます😊

f:id:masatdm1951:20160910080520j:plain

 

 てんとう虫も居ましたよ😃

そばをアリが忙しく行き来していますが、てんとう虫はピクリともしません。

アリが育てている?アブラムシは、てんとう虫が大好物のご馳走です。

アリは何とかして阻止したいのでしょうか?

f:id:masatdm1951:20160910080531j:plain

 

『道端の、ほんの片隅に』たくさんの「命」の営みがありました。

走って通り過ぎたら全く気付かない世界。

他の生命を見つめることは・・自分の命を見つめることと同じ。

 

 

 そろそろ掛かって☎🎵 来るかな?「終わったよ!」って。

 

 

 レインリリーゼフィランサス

 このところの雨で、艶やかに、そしてシットリと咲いていました。

彼岸花と違って葉がこんなにも青々と茂っていて、ピンクの花がなお一層引き立って

見えました。

f:id:masatdm1951:20160910080537j:plain