読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『荒川 開平橋』から

なんでもない話

 関東地方のこれからは、冬型気圧配置が安定すると晴れて冷たい北風が吹きすさぶ

日が増えます。雪の日や曇天が多い東北で育った私には、毎日「晴れ!」の関東が羨ま

しくて仕方ありませんでした。

 

 そういう季節になると、今まで雲や霞が邪魔をしてなかなかみることが難しかった

関東平野を囲む遠い山々が、それも美しく雪に覆われて輝く山々が見えてきます(^^)

 

 

 昨日の金曜の朝(夜勤明け)!

晴れてくれるだけで夜勤疲れも、スッキリと取れて気分も明るくなります(^^)

この日の朝はとっても嬉しい事💕があったので、尚の事、気分はウキウキ♪

 

 埼玉県の代表的な川(荒川)に架かる「開平橋」から、真っ白な『富士山』

綺麗に見えました! 車の中からのスマホでの一瞬撮影です(^_^;)

富士山を見られると理屈抜きで『うれしい!』って思うんです(^^)💖

 

 じっくり撮りたいのに・・

こういう時に限って「渋滞知らず」💦 いつも混むくせに(笑)

(川向うは川越市です。)

f:id:masatdm1951:20151127084719j:plain

 

 これからは「浅間山」「赤城」「日光男体山」そして群馬と新潟県境の雪の山々が

スッキリと見えてくるはずです。

通勤時間と距離は長いけど、見える景色の変化は季節の変化と相まって

「毎日ドライブ」をしている感じです(^^) ポジティブでしょ?(^_-)-☆

 

 

 この日、ランニングをした最後に私が住む住宅団地の丘陵の上の、子供が誰も遊ばな

くなった公園に寄りました。

陽射しの角度が低くなり影も濃くなる中、西日に輝く「メタセコイア;和名(曙杉)」

の葉がとても眩しく輝いていました✨✨✨

f:id:masatdm1951:20151128211517j:plain

きっと子どもたちの手の汗も、消えて久しいスライダーの紐が静かに、誰かに「触って

もらえる」時を、待ち続けているかのようでした。

私は鉄棒で柔軟体操をしてから、一気に坂を下り自宅へと帰りました。

 

 一時は沢山の子どもたちの弾けるような声が響き渡り、それを優しく見守りながら

世間話に花を咲かせるお母さんたちの姿・・・遠い日の思い出になりました。

お孫さんの遊ぶ姿を、ベンチに座ってにこやか(^^)に見守るお爺ちゃんやお婆ちゃんの

姿も消えて久しくなります。

この住宅団地内の小学校は、山の下の中学校と併合されてしまいました。

いよいよ小学生が数えるだけの「高齢住宅団地」・・「限界集落化」が現実です。

一歩一歩私も・・・「枝から落ちて朽ちてゆく」その独りになりつつあります。

でももう少し・・居させて下さいね(^^)