「あれから3年経ったのかぁ・・」

 時の流れを早く感じる時・・それは「思い出」を振り返る時に特に感じるものです。

「きっと去年の話だよねぇ?」と本気で言うと・・「いやいや!3年前だよ!」

「えーーーーーっ!?」

 

 息子は強度の「神経性大腸炎」の持ち主(^_^;)「親の悪いところが似ちゃったなぁ」

お互い急行列車や特急には乗れませんし、各駅でも人身事故などで駅と駅の間の線路で

立ち往生などでもしたら・・・急に腹痛*1やら冷や汗が・・??

 

 私は40歳頃にやっと「鈍感腹」になり、好きなことをしている時間や自分が運転

している時には腹痛を催さなくなりました。 でも、息子は一向に治っていません。

本当に可哀相なお腹です。(漢方薬、酵母、酵素・・いろいろ試したのに(T_T)

そんな訳で、互いのバイクに跨ってツーリングをすることが夢でした(^^)/

きっとお腹がなんでもない人には考えられないことでしょうが、ほんの数十キロの

短いコース、短い時間でも大変なことなのです。

 

 この日(2014年10月8日)二人が出掛けた先は、埼玉県小鹿野町

この場所は『埼玉県みどりの村』です。

私がヤマハXJR1200、息子がカワサキZRX400だった時に、バイク仲間と一緒に

そばを食べに来た時に寄った公園です。(私が去り際に片手運転してコケた場所?)

f:id:masatdm1951:20151026221154j:plain

そう! 私の記憶はとんでもなく不確かで、去年どころかもう3年も前だったんです?

 

出先でものを食べるなどトンデモナイ!息子の腹・・でもこの時は一緒にレストランで

洋食をシッカリと食べたブログの記録が残っていました(^^)

ハンバーグとエビフライを注文していました(^^)v

 

 小鹿野の帰りは、やはりそばを食べに来た時に走った道を通ることにしました。

 

皆野町を眼下に見下ろせる「粥新田峠」です。

もうこうして二台でツーリングすることはないのか・・そう思うと少し悲しい(T_T)?

もう少し経費の掛からない乗り物だったら、もっと長く一緒に居られたのになぁ。

 

f:id:masatdm1951:20151026221201j:plain

 

 でも、短かったけど一度は一緒に行けたんだから・・それを喜ばなくちゃね(^_-)-☆

?だって・・・

終わってしまったとしても・・少しの時間だとしても、互いに愛しあい、助け合い、

心配しあう事が出来た時間があったことは確か・・それを喜ばなくちゃ♪(^^)v

 

 「時」よ! 辛いことは「短く」、楽しいことは「長く」続いてくれないか?

  ただでさえ「人生」は短いのだから。

 

 

*1:+_+