『想い』を「文字」に出来たなら・・・

自分が作家のようになれたなら、胸が苦しくなるような『感情』をきっと

美しい文字に、そして『感情の結晶』の様な、煌めく言葉を産みだして、

書き取って記録できるに違いない・・・。

 

でもそんな才能は全く備わっていないので、「恋する想い」も「切ない想い」

も「こみ上げる愛しさ」も、只々胸の中が「ざわめく」だけでちっとも言葉に

なりません(T_T)?

 

「想う事」が、時に「励まし」になり、時に「苦しみ」になる感情を、どの様に

表現したら良いのでしょう?

f:id:masatdm1951:20150601221210j:plain

やはり「花」なのかなぁ?

何色になるのでしょう?

私の想いの中では「ピンクの人」なのです(^^)♡

 

胸の中には「何万もの言葉の素」があるのに、一つとして「言葉」という形にまでは

生ってくれないもどかしさ・・。

 

でも、こうやって思い悩んで苦しむことが『言葉の形を取らない「言葉」』なのかな?