『物は試しに♪』の結果です。

今回「現場撮り」では被写体が揺れて(自分の手も揺れて)しまい、

ボケまくり(^_^;)なので、可愛そうですが・・・少しだけ摘んできて

机の上で撮ってみました。

(いよいよメモリーが数%残りしか無いので、圧縮してます。)

 

クリップタイプ・マクロレンズをセット

(カメラはiPhone6 保護Cover着けてます。)

f:id:masatdm1951:20150425125903j:plain

 

今回選んだ花(比較被写体)には、青い宝石のような

キュウリグサを選びました。

 

iPhone6単独で、何とかピントが合うマクロ位置。

f:id:masatdm1951:20150425130311j:plain

 

◆LQ-001(マクロレンズ)を使った時のマクロ位置。

f:id:masatdm1951:20150425132042j:plain

 

f:id:masatdm1951:20150425130514j:plain

*花の下に見える縦線は、物差しのmm目盛りです。

 一つの花の大きさが3.5mm〜4mmしかありません(^_^;)

 老眼になった私の目には、裸眼では良く分からない程の「小さい花」

 です。

(実際はもう少し青み掛かっています。スタンドの灯りで白く(^_^;))

 

評価

◎とても良いと思います(^^)v

 魚眼、広角、そしてマクロの三セットで500円ですから安い割に

 十分楽しめます♪

◎クリップの「咥え感?」が適切なので、撮影中にズレたり、逆に

 微調整が出来ないくらい固くもないです。

 

注意点!!

◆レンズの口径が小さいので、クリップする位置をきちんと調整しない

 と、レンズの縁などが写り込んでしまう『ケラレ』が発生します。

 

 *iPhone側でマクロ最大にして、真っ白な壁や模様の無い物を

  モニターしながら四隅に「レンズの縁」が被らないように位置を

  調整するとバッチリです(^^)v

  当然ながら、最大のマクロ位置から少しでも「戻す」と、ケラレは

  出なくなります。

 

 

今まで以上に地面に這いつくばっているような花たち?に、目が行く

ようになりました。

虫?の世界には行きませんのでご安心下さいね(^_-)-☆