読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレイルランの真似事(^_^;)

ランニング

心がいっぱいいっぱいになった、とそう感じる時には汗を掻くのが一番!

荷物は持てないので、1000円札一枚とiPhone6をポケットに入れて「GO!」

 

今日は「花冷え」の通り、雨空の上とても寒いです。(4日、土曜日)

舗装道路じゃなく、どうしても土の上を走りたくて、わが町の少し先の「森の中」

の山道を半袖半ズボンの格好で走ってきました(^_^;)

 

まずは登り口の近くの「一重のやまぶき」にごあいさつ♪ 「こんにちは(^^)/」

f:id:masatdm1951:20150405201203j:plain

一重の花が大好きな私です(^^)♪

小雨交じりのお天気です(~_~) 

でも運動するのにはこのくらいが最適!(^^)v

 

早速山道の入り口へと向かいます。

f:id:masatdm1951:20150405201410j:plain

どこに咲く桜なのか、散った花びらだけが敷き詰められています。

檜の林がまるで遠い昔の「街道」の様な風情を醸し出しています。

どんどん奥に入って行くと・・

道幅が狭くなります。 だ〜れもいませ〜ん(^^)💧

f:id:masatdm1951:20150405201601j:plain

山を切り拓いて作った住宅団地・・・既に40年以上が過ぎ、今や「限界集落」に

なりつつあります(T_T) 

隣同士がくっつき合って建っている町並みから、数百メートル離れただけで

こんなに深い森になる変化が、どうしても頭の中で整理が付きません。

登って、下って、スニーカーに感じる「土の優しさ」が、安心した汗になって額を

濡らします。(とても気持ちの良い暑さと、涼しさの感覚です(^^)v)

 

再び登って行くと、眼下に線路が見えてきました!

f:id:masatdm1951:20150405202158j:plain

JR八高線(はちこうせん)です。

 

崖を降りて行く途中の斜面には「キランソウ」が咲いていました。

f:id:masatdm1951:20150405202610j:plain

薬草になるらしく「死から遠ざかる」という意味合いを込めて・・

『地獄の釜の蓋』という名前も持っているらしいです(^_-)-☆

この路線は超!ローカル線なので、居る間に列車が来ることはありませんでした。

 

この後に、思いっきり山を下りました。

腐った倒木の脇を通り、雨に侵食された崩壊寸前の山道を駆け抜けて、少し開けた

場所に行く途中で藪の中が「ガサガサガサガサ!!」と、何かの動物が私の足音に

怯えて逃げていく雰囲気を感じ取りました(@@;)!! (多分、狸のファミリー(^^))

 

開けた場所の先端は____「あれ?」 道が・・無い・・・_| ̄|○

f:id:masatdm1951:20150405203320j:plain

水深は50cm位だけど、濡れてまで渡る勇気はありません(^_^;)

倒木一本でもあればなぁ・・・(^^ゞ

 

仕方無い・・別のルートをまた登って行きましょう!

f:id:masatdm1951:20150405203507j:plain

私は上り坂が好きです♪  もちろん苦しんだけど、登った分だけ目に見えて

高度が上がっていくし呼吸が整うんです。 平坦な舗装道路が一番身体に

合わない気がします。

 

でも、まさかこの道が全く人通りの無い山道だとは知りませんでした(^_^;)

半ズボンの足に下草が接触し、倒れこんだ枝がぶつかり・・・正に「トレイルラン」

でした(^_^;)

念の為に、棒を手にしながら木を叩いて前に進みます。(大げさ?)

 

やっと視界が開けてきました\(^o^)/

f:id:masatdm1951:20150405204104j:plain

50m超えの鉄塔(赤白で塗り分けた鉄塔は50m超えなんです。)の向こうには

桜並木でした(^^)

せっかくの無防備鉄塔なので、真下から覗いた写真を一枚!(何だか下から盗撮?)

f:id:masatdm1951:20150405204258j:plain

鉄塔に関係する仕事をしていましたので、違和感よりも「懐かしさ」がよぎります。

「風向・風速・気温・湿度・騒音計・・」 私の作った機械は果たして今、どこの

鉄塔で働いているんだろうか?

 

ここからは一気に下るコース♪

やはり下りは楽ちんですね♪

途中、誰も通らない坂に降り積もった「桜の花びら」が、まるで新雪のようです。

f:id:masatdm1951:20150405204708j:plain

 

咲く風情も美しく・・散って地に咲いた風情も美しく、哀しく、そして愛おしく・・。

f:id:masatdm1951:20150405204829j:plain

 

桜はまた来年もう一度・・いえ、何年にも渡って「咲くことが出来る」けど、

人の命は一度「散ったら」もう二度と咲くことは出来ません。

本当に「儚い」のは桜ではなくて・・「人の命」です。

一度も「咲く事」も無く、消え行く命だって少なくない。

せめて「病気」や「障害」といったハンデが無くなればなぁ・・。

私が介護に携われるのは、そんな「命に関する不平等」に対する怒りがあるから

かも知れません。 

 

さぁ! 体力を付けたら、また明日から患者さんへの暖かな思いを胸に頑張るぞ!

家族のためにもまだまだ倒れるわけには行かないからねぇ(^_-)-☆