『落椿:おちつばき』

 『落椿:おちつばき』って俳句の世界では「春の季語」なんですねぇ。

そういえば公園の椿の下には「今落ちたのかな?」と思えるほどに

鮮やかな花が落ちていますねぇ。

 

 私の職場は病院。

いつの世も、椿は「はなびら」ではなく、花全体が「ボトッ!」っと落下する

ので『命が突然終わる』イメージと被るため、お見舞い花にはなりません。

最近は椿だけでなく、花全体が「感染源」「花粉アレルギー」「虫の侵入」

など、重症患者さんには悪影響を与える媒体となるため、花そのものが

減ってきました。(もちろん「科」によって違いますが。)

 

でも、私は子供の頃から「落椿」が大好きでした。

子供の頃に椿の花の蜜を舐めるのが好きで、椿の木に近づいていました。

その頃から花期が終わって落ちた花の赤と、地面の色がとても似合っていて(^^)♪

 

今日は珍しく(?)センチになっていて(^_^;)

こんな風に感じました。

 

木に咲きて・・・

f:id:masatdm1951:20150321143520j:plain

 

地にまた咲きて・・・

f:id:masatdm1951:20150321143826j:plain

 

胸に咲く

f:id:masatdm1951:20150321144231j:plain  私の胸の中で「もう一度咲く」。

 

 そんなことを思ったのは、自分の今までの生き方や仕事、お付き合いなどなど・・・

果たして「自分は咲いたことなんてあったんだろうか?」という想いがあります。

 

 働き盛りを過ぎ、仕事の第一線を離れ、細々と生きるための仕事に就き、

枯れ果てるまでの一時の今、やはり「咲いているんだろうか?」

 

 そして、全てを終えた時に・・・私の事を「思い出してくれる」人が

果たしてどれほど居てくれるのだろうか?

 

「花の姿」と「人生」などを「無い頭で考え、弱い心で感じていました。(^_^;)

 

 

地に咲いていたのは落椿だけではありませんでした(^^)

紅梅、白梅が木に咲くのを終え、人の作為によって「地に咲いている」のではなく

程よい風や「舞う花びら」の「舞」で、自然に拡がった「絵」です。

f:id:masatdm1951:20150321145522j:plain

この「地の花」も私の胸の中で咲かせましょう(^^)♪

 

 

公園の生け垣には、今回初めて目にした『ピンクユキヤナギ』が咲いていました。

f:id:masatdm1951:20150321150130j:plain

ちょっと見「リンゴ系」の花に見えますね(^^)  ツボミの濃いピンクが可愛い♪

 

シナミズキもとても目立ちます。(黄色い色は元気が出る色!)

f:id:masatdm1951:20150321150919j:plain

 

辛夷(コブシ)の花の蕾をよく見ると・・・

昔のアニメキャラ『カリメロ』みたいに、頭に「殻」を乗っけている花も(^^)♪

f:id:masatdm1951:20150321151240j:plain

 

この公園(鶴ヶ島市太田ヶ谷公園)の入り口の道路沿いには数百メートルに渡り

コヒガンザクラ」が一足先に咲いていました。

f:id:masatdm1951:20150321152741j:plain

間もなく桜色に染まる景色が、田舎も都会も関係なく始まりますね(^^)v

 

26日・・果たして『サクラサク』祝♪ になるでしょうか?(^_^;)

 

 

自分の家の花もこの一日二日でずいぶん春めきました(^^)/

スモモ:メスレー」

f:id:masatdm1951:20150321151344j:plain

 

アーモンド

f:id:masatdm1951:20150321151434j:plain

アーモンドの拡大

f:id:masatdm1951:20150321151557j:plain

まるで「桃」みたいな雰囲気ですよね(^_-)-☆  「桃と同じ仲間ですって!」

 

「春が来ましたよーーー! \(^o^)/?」

 

*他の用事の帰りの写真でしたので、専用カメラではなく、全て『iPhone6』での撮影でした(^^)v。