読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菱田春草『黒き猫』を見に行ってきました(^^)/

私の柄にもなく(?)『黒き猫』に誘われて、夜勤明けに行ってきました(^^)/

 

 

菱田 春草(ひしだ しゅんそう、1874年明治7年)9月21日 - 1911年

(明治44年)9月16日)は、明治期日本画家。横山大観下村観山

 ともに岡倉天心の門下で、明治期の日本画の革新に貢献した。

f:id:masatdm1951:20141102110322j:plain

 

じつは私、テレビ東京の『美の巨人たち』を観る前まで、全く知りませんでした。

自分の「文化度」の低さにガッカリです(^_^;)

親しい同僚と知り合う前には、絵画も文学もあまり私の興味の範疇ではありません

でした。 でも『本物』を実際に眼にしてからというもの! 大好きに!(^^)

 

今回、天気も良くなく通勤先からの直行ということもあって、車での都内行きに!

で、一つ「賭け」がありました。それは、皇居のすぐそばの北の丸公園内駐車場に

果たして停められるか!? ということです。

近隣(一ツ橋、竹橋周辺)の民間駐車場料金が300円(30分)なのに対して、

北の丸公園駐車場(公営)は、何と!! 400円(3時間)という格安!!(^^)v

もし停められたら、それはそれはゆったりと観れますからねぇ♪

果たして!!

 

f:id:masatdm1951:20141102111148j:plain

やったー\(^o^)/

無事に停められました♪ (パジェロミニ) ほぼ半分しか埋まってませんでした(^^)

きっと皆も超!一等地ゆえ敬遠してるんでしょうね。

タクシーや最寄り駅の竹橋駅から徒歩で来られる人がほとんどでした。

f:id:masatdm1951:20141102111219j:plain

 

北の丸公園の地図

f:id:masatdm1951:20141102111542j:plain

 

この駐車場からは徒歩で5,6分です。

ここに停めて皇居ランニングも良さそうですね。

 

はい! 着きました!東京国立近代美術館

f:id:masatdm1951:20141102111753j:plain

近代美術館といえば・・・このオブジェ!(・∀・)?

f:id:masatdm1951:20141102111859j:plain

横からも撮ってみました(^_^;)  え?下着着けてたの?(ってソコ?)

ご覧のとおり雨がしきりに降っています。

f:id:masatdm1951:20141102112016j:plain

 

 美術館内は撮影禁止のために、全く写真掲載は出来ませんが・・・

絵画に関しては全くの素人の私にとって、菱田春草の絵はピッタリでした\(^o^)/

朦朧体と呼ばれる「もやがかった」描き方の絵も、詳細に書かれた「雀」を始めと

した鳥の描き方も。

重要文化財の『落葉』の独特の奥行き感は、実際の絵を前にして凄かった!

手前からせり上がってゆく傾斜感を感じたので、しゃがんで観たところ、より奥行

きを感じることが出来ました。

 

 そして、一番のお楽しみの『黒き猫図』!!

掛け軸サイズは5,60cm×2m 程なのですが、黒猫の存在感は別格!!

私なりの拙い表現で言うと・・「おいで!」って声を掛けたら「にゃおん♪」って

声を出すか、ツブラな眼を閉じて、すぐに反応してくれそうな存在感でした。

黒い毛の「もふもふ感」もあり、わずか5日間で仕上げたとは思えない作品でした。

眼を病んでいてまともには見えていなかったかもしれない中で、しかもジッとして

くれない猫・・でも、彼の眼には『見えて』いたのでしょうねぇ。

横山大観は「私にはとても描けない!(-_-;)」と言ったそうです。

 

 

記事を書いている今日と、明日(3日)までの二日間のみの展示です。

今日は特に一杯の人でしょうねぇ(^^)

 

実物は撮れなかったので・・

お土産のハガキや一筆箋の『黒き猫』を撮りました。

f:id:masatdm1951:20141102114632j:plain

 

f:id:masatdm1951:20141102114651j:plain

 

じつは仕事場から来る時に、私の車の近くに実物の「黒猫」が居たんです!

思わず愛しくなって『おーい!これからお前に会いに行くからねぇ♪』って声を

掛けたのでした(^^) 

 

たった一人の美術館鑑賞(感傷?)。

自分と向き合う時間でもありました。

菱田春草さん! 素敵な絵を本当にありがとうございました。