読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックベリー試食!

f:id:masatdm1951:20140707204446j:plain

 

プリップリのブラックベリーが黒く色づき始めました(^^)/

二年前に前に住んでいた場所から根を掘り出して移植して、今年はタワワに

実を付けてくれました(^^)v

 

出勤時に黒い物を取って、口に中に「パクン!♪・・・酸っぱーーーい(+o+)!!

でもタネがプチプチして美味しい!!(^^)v

懐かしい酸味の強い濃い味が口の中に一杯に広がりました。

この実は風通しが悪いとすぐにカビたり、虫に食べられたりします。

幸い自分たちでフェンスから飛び出して実ってくれています。

「固い地面に肥料っけの多い土を乗っけた方式畑」は大活躍です(^^)v

ぜひお試しを(^^)/

 

**************************************************************************************************

最近、頭の中に浮かんできて仕方の無い歌詞があります。

それは中島みゆきさん作詞、作曲の『しあわせ芝居』なんです。

若いブロガーさんたちは知らないかもしれませんね。(^_^;)

 

歌詞の一部

『私みんな気づいてしまった しあわせ芝居の舞台裏

 逢いたがるのは私ひとり あの人から来ることはない』

 

桜田淳子」という、当時のアイドル歌手(山口百恵森昌子らと同時期)が

歌い、そこそこ流行りました。 当時は私も20代なのですが、こんな経験などは

したことが無いし、女性の側から感じている心の切なさなので、当時は今ひとつ

良く分からない歌詞でした。

 

【妄想の時間です(^_^;)】

でも今は何故か、この歌詞が胸に染みて仕方が無いのです。

どうも自分だけが一所懸命で、相手は自分のことを嫌いでは無いにしても

同じ様に好きな気持ちで応えてくれるわけではない・・・心の葛藤(-_-;)

それを確かめる為に、聞く勇気も無ければ、諦めて忘れてしまう覚悟も無い・・

 

そんな切ない、結論の出ない、いえ、結論を出したくない気持ちの苦しみが

実に上手く表現されていることを、今になってしみじみと分かるのです。

何故なんだろう?  まだ私の気持ちも若いのかな?

それとも逆に年をとってしまったからなのかなぁ?

 

介福の試験のことで頭が飽和?沸騰?しちゃったのかなぁ(^_^;)